TIME

日々の中で気づいたことを綴ります

10/2 境界性人格障害でタゲになっていた人の一年後

こんばんは、最近少しずつ寒さを感じるようになってきましたね。

それもそのはず、カレンダーを見ればもう10月。早いですね・・・本当に早いです。

ブログの記事を改めて見返していても、このブログを作ってそろそろ1年近いのではないかというくらいに経過したことを実感しました。

一年前はボダ、境界性人格障害の人に何年も苦しんで苦しみ続けた内容が記事にされています。もうあれから一年ほどが経つと思えば時の流れって早いですね。

もともとは私自身がネットから得た、また苦しんで考えた末に自分なりに出した結論を記しておくために作ったのがこのブログです。

あの頃は本当に自分自身もやられてしまって、どうなることだろうと思いましたが、意外と何とかなったものです。

まだ傷は奥深くに残っていて、完璧には取りきれていないのですが、表面上、生活上は問題がないくらいには寛解したと感じます。

当時は「境界性人格障害」というものを彼女に出会った頃は知らなかったので、それで苦労したのもありますし、通常の人と同じとして考えていたがために、行動が常軌を逸していて理解できないため、ものすごく苦しみました。

初めは性格が異常だとか性格の病気、もしくは精神疾患だと思いそれで必死に調べて「境界性人格障害」というものにたどり着きました。

だけども「克服」したとは言い切れないのが現状です。

最近はそのような方が身の回りに今のところいないのでいいですが、また再び同じような方と出会った時は恐れを抱きます、怖いです。また、この出来事をむやみに引き出されることに関しては未だに不快感を持ちます。ましてや、特にまだ信用ができない段階の他人に引き出されるどころかつつかれたり、つけいられたら未だに耐えられないところはあります。

そのような人を見分ける目を持ちたいというのが今後の課題でもあり、うまく立ち回りができるようにもなりたいと思うところです。それにはもちろん、自分自身をしっかりと持ってブレないくらいのメンタル力を持つことは当然、時には自分の身を守るための方法も必要だと感じました。

きっとあの件は今後も私は忘れることはきっとできないでしょう。

そのくらいショックが大きな出来事です。

あの経験を活かして、同じように苦しまれている方々の役に立てれたら幸いですし、一人でも多くの方がボダからの損傷を回復できたら良いなと思います。

近くにいるボダに今苦しまれている方々に贈ります

「あなたはもう十分頑張った、とても優しい人。

 どうか自分自身が壊れて精神疾患になったり、心がなくなった人間になってしまうほど無理と我慢をしないで。

時には助けを求めて。時には逃げて。

時に良心が痛むことがあれど、勇気を持って決心して欲しい。

そしてなによりも自分を大切にして欲しい。 」