TIME

日々の中で気づいたことを綴ります

10/2 境界性人格障害でタゲになっていた人の一年後

こんばんは、最近少しずつ寒さを感じるようになってきましたね。

それもそのはず、カレンダーを見ればもう10月。早いですね・・・本当に早いです。

ブログの記事を改めて見返していても、このブログを作ってそろそろ1年近いのではないかというくらいに経過したことを実感しました。

一年前はボダ、境界性人格障害の人に何年も苦しんで苦しみ続けた内容が記事にされています。もうあれから一年ほどが経つと思えば時の流れって早いですね。

もともとは私自身がネットから得た、また苦しんで考えた末に自分なりに出した結論を記しておくために作ったのがこのブログです。

あの頃は本当に自分自身もやられてしまって、どうなることだろうと思いましたが、意外と何とかなったものです。

まだ傷は奥深くに残っていて、完璧には取りきれていないのですが、表面上、生活上は問題がないくらいには寛解したと感じます。

当時は「境界性人格障害」というものを彼女に出会った頃は知らなかったので、それで苦労したのもありますし、通常の人と同じとして考えていたがために、行動が常軌を逸していて理解できないため、ものすごく苦しみました。

初めは性格が異常だとか性格の病気、もしくは精神疾患だと思いそれで必死に調べて「境界性人格障害」というものにたどり着きました。

だけども「克服」したとは言い切れないのが現状です。

最近はそのような方が身の回りに今のところいないのでいいですが、また再び同じような方と出会った時は恐れを抱きます、怖いです。また、この出来事をむやみに引き出されることに関しては未だに不快感を持ちます。ましてや、特にまだ信用ができない段階の他人に引き出されるどころかつつかれたり、つけいられたら未だに耐えられないところはあります。

そのような人を見分ける目を持ちたいというのが今後の課題でもあり、うまく立ち回りができるようにもなりたいと思うところです。それにはもちろん、自分自身をしっかりと持ってブレないくらいのメンタル力を持つことは当然、時には自分の身を守るための方法も必要だと感じました。

きっとあの件は今後も私は忘れることはきっとできないでしょう。

そのくらいショックが大きな出来事です。

あの経験を活かして、同じように苦しまれている方々の役に立てれたら幸いですし、一人でも多くの方がボダからの損傷を回復できたら良いなと思います。

近くにいるボダに今苦しまれている方々に贈ります

「あなたはもう十分頑張った、とても優しい人。

 どうか自分自身が壊れて精神疾患になったり、心がなくなった人間になってしまうほど無理と我慢をしないで。

時には助けを求めて。時には逃げて。

時に良心が痛むことがあれど、勇気を持って決心して欲しい。

そしてなによりも自分を大切にして欲しい。 」

 

7/12 メンヘラにつける薬はちゃんとある

こんにちは、珍しく連日の更新です。

久々にあるコミュニティーサイトを覗いたら、このようなことをつい書いておきたくなり、記事を更新させていただきました。

以前に私のブログで

4/20 知識の海を泳ぐ - TIME

という記事を書きました。こちらも併せて読んでいただけると嬉しいです。

ここでいう「メンヘラ」とは、「精神病を患っているだけの人」を指す言葉として書くわけではないので前置きお願いします。今よく聞くワードの一つです、そのような定義で書いていきます。つまり、必要以上にネガティブになって周囲に喚き散らして弱さをアピールしたり、周囲に迷惑になるような行動などいろいろをするような人のことですね。今もなお私もそのような気がまだ残っているようでたまらない気になることがありますが、自分なりに気をつけています。ただ、かつての私のような行動をしている人をネット上で見ていると、そんな人に少し言いたくなることがあるんですよね。お節介でこれも迷惑な行動なのでそんなことを言いに行ったりはしませんが。

 

彼らが「トラウマ語り」したがったり、やたらネガティブになる原因はあるんです。

「トラウマ語り」をすることにより、実際に過去の受け入れられないような出来事を消化させる、というのと、注目を引くため、という点があると思います。ネガティブになりすぎてしまうのも、前向きに考えることができないのは言うまででもありませんが、それ以上に知識不足だと思います。どうしたらその嫌な出来事を、自分なりに消化できるか、その消化法を見つけられないという話です。単純に嫌な出来事を消化するのが下手だと思います。

以前に書いた記事やそこで紹介しているブログなどを見てほかにも気になったことがあったらどんどん調べて、消化できる量を増やすべきです。

よく傷の舐め合いとも言えるような「わかるわかる、私もなんだよ」っていうのを見たりするのですが、あれは正直あまり効果がないと思います。人間不信がひどいですから。少しでも意思に反する行動をされたら、「案の定こいつも汚い人間なんだな」みたいに思ってしまうことがあるので。そんなことされても嬉しくないんですね。嫌な出来事や嫌な気分が緩和はされても、消化はされないですので。

ただ矛盾があるんです、「人間不信なのにさみしがり屋で甘えん坊」という点なんです。逆にさみしがり屋で甘えん坊でなおかつ嫌な出来事の消化ができない状態で人間不信になった果てにいきつく先がメンヘラです。

こじらせると、「私はメンヘラでこういう人間なの、だからそれを理解しない人はこないで」みたいな考えにもなり果てます。きつい言い方ですが、自己嫌悪が激しくて自分が大嫌いなようで自分大好きなんです。本当に嫌いになると少しはマシにできないものかと嫌な出来事の解決策を嫌でも探すようになります。

もし近くや身の回りに、今後もしそのような人たちと出会い、どうしてもその人のことが大切に思うなら、このようなことを頭に入れておくといいかもしれません。

メンヘラなんだからと突き放したり攻撃するような態度をとってはいけません、余計に人間不信が悪化し更にメンヘラが強化されてしまいます。それよりも、一緒に解決策を探して、徐々に嫌な出来事を消化できる幅を広げることが一番理想だと多分思います。

メンヘラこそ、脳科学を知るといいかもしれません。感情の仕組みなど人間の性質上起こるものを知っていれば、納得できることが増えるのはあります。

納得や消化がちゃんとできるようになれば、幾分かマシになって、ほぼメンヘラ卒業近いような状態になるはずです。

7/11 少年少女が一度は抱くかもしれない心の葛藤の1問題

先ほどの記事に続き、テーマが一旦変わるので別記事として書く事にしました。

人間の持つ「冷たさ」についての記事という点では関連がある話題です。

 

このブログを見てくださっている方やそうではない方でも、一度はこのようなことを感じたことがあったりなかったりすることでしょう。

「白いままで生きていたい、黒になりたくない」という思い。

ちょっとした悪でも受け入れたくないような純粋な気持ちです。中高生の時代にこのようなことを考えたことはありませんか?あくまで性善説を持って生きているような人にしか経験がない話ですが、それらの人にとって幼い、若いうちにこのような気持ちで悩んだり苦しくなることはあると思います。

人は気づかないうちに他者を傷つけることがたくさんあります。しかし時と場合によっては自分自身を守るための行動や他者を守るための行動である場合もあります。それら他者へ向かう攻撃を全て害とし悪とした場合、この世界で生きることは大変苦痛なこととも言えます。いじめに遭って自殺する人でも優しすぎるが上に生きていけなくなった人がいくらかいるようにテレビでニュースを見ていると感じます。

完璧な清さを求めれば求めるほどに障害が起きます。

善く生きて生きた人ほど余計に少しでも悪を取り込むことに嫌悪感を持ちます。

しかし、必要以上にそれを拒み、拒めないような環境になったとき、善く生きることを守り抜くために解離性同一性障害になってしまったり、善く生きたい一心で悪が許せなくて殺人や善く生きることができないなら・・・と自殺に発展する場合もあります。また、全てを悪として生きてしまおうという偏った考えに発展する場合があります。

100%善く生きようとすることはとても大変であり、いいとは言えません。

そうしようとした結果による失敗が招くことの方が悪となってしまう場合があります。

善悪持ち合わせていることが一番快適に生きられる方法なのは言うまででもありませんが、他者に迷惑をかけないことなら悪ではありません。

嘘つきな人間になってしまったって、詐欺など人を騙したり、ありもない嘘の噂を流して誰かが悲しんだり、犯罪になったりするようなことではなければ、思いやりによるものなら悪いものでもありません。

善悪の基準が人それぞれ違うことは生きる上で大変厄介なことです、まだそれはどうしたらいいのか探しているところですが、かつて私は失敗して破綻したことによって周囲に迷惑をかける行動をひたすら続けていた時期があります。

善悪は紙一重です。

私のように失敗して破綻して悲惨なことになる人が減って欲しいものです。

テレビの中の犯罪のニュースを見ていると、そう感じるものがいくつかあります。

12/9 ボダの幸せを望むこと

こんばんは、寒さが日に日に増して厳しい寒さとなってきましたね。

今日は最近自分が見つけた考え方についてを書き記します。

これは自分自身が境界性人格障害と思われる相手に対してずっと悩んできたことで、ようやく原因がわかってきたので記すことにしました。

※今回の記事も境界性人格障害の方の閲覧は避けていただいた方が無難かもしれません

 

以前から私は、ボダから嫌がらせをされたりする度にもう限界だと感じ、距離を置いてきました。しかし、それをすることによって追い詰める姿勢を示してくるのが以前も説明したボダです。自分の身を守るためとはいえ「私を裏切るつもりなの?」や「私を見捨てるの?」といった内容のツイートをされたりメールで来ることが度々ありました。また、「逃げるの?」という問い詰めを頻繁に受けたことがあります。

そしてそのような事態となると付き合っていられないと思うのです。

ですが、この問い詰めや追い詰めを何度も受けているうちに逃げることは悪いことだ、見捨てることだということが定着してしまいました。

カウンセラーから「自分の身を守るために逃げることでも必要な時がある」ということを聞き、「逃げることは悪いことじゃない」と認識できるようになりつつあります。

 

それに未だに本心どこかでボダに対して幸せになって欲しいという気持ちが捨てきれないことも次第にわかってきました。

普通なら憎い相手に対して幸せになって欲しいとは思わないものの、あまりにも追い詰められると見捨ててしまう気がして、どこかでそう思うようになぜかなりました。

そして捨てようとしても捨てられないことにずっとしばらく悩んでいました。

しかし、よく考え直したら「今まで○○をしてあげたりもしたし、結果幸せそうに今過ごしているみたいだからいいんじゃないか」という考えにたどり着きました。

これ以上何もしてあげられることがない気がして、それに自分がボダに関わることがボダを幸せにすることと違うことに気がつきました。

ボダは自分がいなくても変わらずに過ごしてゆくのです。今後誰かがボダを幸せに出来るのかどうかは別として、タゲにされるだけならば必要がない、寧ろあまり相手のためにも関わってはよくないと思うようになってきました。

 

まとめ

  • 逃げることでも必要なときはある
  • 逃げることは悪いことではない
  • ボダはタゲが幸せにしようとしなくても過ごしていける
  • ボダにとってのタゲもあまりいいものではないかもしれないし関わってはよくない気がする

 

12/6 ボダも所詮は人間だ(被害への考えの肥大化)

こんばんは、先程の更新に続きの更新です。

テーマが変わるのでまた別記事にすることにしました。

※今まで同様、境界性人格障害を患っている方には閲覧は避けていただいた方が無難でしょう。また、治療に関してのものではありません。

 

今日こちらの記事を読みました。

被害者がしてしまう、解決できない相談の理由 - ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

毎度こちらの記事を購読させていただいています。

今もなおボダが身近に存在している以上、じっと時間が過ぎるのを待つことしかできません。

ボダの顔も見たくないくらいに嫌いなので逃げたいですが逃げられないので時間が過ぎるのを待っています。

卒業してしまえば一生ボダに会うことはほぼないでしょうし・・・それを自分に言い聞かせてます。そのくらい憎い相手ですwそれでもって学校へ行くとなんとまぁ嬉しそうにはしゃいでいるのでちょっと呆れていたり、未だに変な動きをして執着しているようですがもう何だかすごくちっぽけでどうでもいいことにしか思えなくなってきました。

 

さて、先程のリンクの記事を読んだ感想で

「タゲの受けた被害は他者から見れば簡単なこと」と個人的に思いました。

他者から見れば簡単でも、タゲ自身では恐れなどで被害に対する考え方が肥大化して必要以上に悩み込むのがボダの質の悪いところですね。

でも逆に他者から見れば簡単なこと、だと意識すれば考え方が肥大化していることを振り返ることができました。

時に、他者に対して「こんな苦しみわかるわけがない」「ボダなんか身近にいないからわからないだろ」と思ってしまうことがあっても、それで被害者なの!!かわいそうなの!!と大騒ぎすることはボダと同然です。

被害者面をするボダと実際に被害に遭った人は違うとはいえ、被害に関して必要以上に喚いていてはボダとほぼ同じになります。

結果他者に迷惑をかけることが増えます。

「タゲのボダ化」という言葉はここでも言えるでしょう。

同じようになっていてはボダに負けたことになります。

 

1日も早くボダからの被害に悩まされている方々が復帰することを願います。

 

まとめ

  • ボダへの恐れに負けない
  • ボダからの被害は他者から見れば自分が思っているより大したものではない
  • ボダと同じように被害を必要以上に喚かない

 

12/6 境界性人格障害の人を意識しない方法、克服する考え方

こんばんは、前回の更新からまたも少し間が空きました。

今回も境界性人格障害に関するコラムです。最近生活している中で気づいたことを書き残そうと思います。

※今回も今まで同様に境界性人格障害を患っている方の閲覧は避けていただいた方が無難でしょう。また、治療に関したものではありません。

 

では本題に入ります。今回は「境界性人格障害の人を意識しない方法、克服する考え方」について書きます。

私自身カウンセラーに言われた言葉で「相手(ボダ)はとても執着している」という言葉があります。そこで執着についてを考えました。

まず、ボダが執着してくることは避けようができないことがらです。かつてボダに対して執着(するようなこと)をやめて欲しいと伝えても効果はまったくありませんでした。それどころか更にひどくなりました。この執着は避けることはできません。これがボダです。

 

そんなボダに執着され続けると「次は何をしてくるんだろうか」と怯え、「ひどい目に遭わないために相手の動きを監視しなければ」などと考え始めてしまう場合があります。さて、そこで見返しましょう。

「相手の動きを監視」したりすることはタゲにされている人自身がボダに執着する行為にあたります。「タゲのボダ化」という言葉がありますが、このような行為はボダ同然と考えましょう。

監視したりすることは一つのストーカー行為でもありボダがタゲを探るのと同じことをしているようなものです。

 

私自身も最近ボダへの執着をやめたら以前よりずっと余裕を持って生活することができてきたようになったと思います。

今でも(実は)怯えるときは多いですが、怯えに負けることは負担を増やすことになります。それを最近は意識して生活しています。

今この記事を書く前もふとボダへの恐怖が起きましたが、落ち着いて記事を書くことによって抑える、という手段で紛らわせています。

いくら自分のことに集中する、夢中になることを見つけるといっても、ふとやることがなくて一人になったときに突然ボダへの怯えが襲ってきます。

怯えに負けてはいけません。ボダの思う壺です。

 

また、「ボダへの執着をやめる」ことは監視などをやめることだけではありません、「ボダに興味・関心を持たない」ことが大切です。

ボダが不幸になったからと言って喜んだり、一喜一憂することが、タゲにとっての負荷、疲れとなります。

なかなか難しいですが最近は考えないようにしています。

 

ボダからの被害に苦しんでる方が1日でも早く減ることを願います。 

 

まとめ 

  • ボダの執着は避けることができない
  • ボダに執着しないこと
  • ボダに一喜一憂しないこと

 

10/25 境界性人格障害の行動パターンについて

どうも、めんへらりんですー。

さて、先日は「境界性人格障害から逃げられる状況でない場合」についての自分なりの対策についてを書きました。今回は境界性人格障害の行動パターンについてまとめるとともに行動別にしてより対策を考えるキッカケとするために書きました。今回はきっと前回よりも境界性人格障害って何なの?という人やそれはどんな行動をするの?という方も対象にしています。

ただし今回も前回同様に境界性人格障害を患っている方は閲覧を控えていただく方がいいでしょう、あまりよい気分がしないと思います。


さてでは大まかにざっくりとその行動について見てみましょう。

文字を読むのが嫌いだ!!!という人はこちらの動画 http://youtu.be/YkVXqXTOwxM を見るといいかもしれません。


1.親切な行動を施す(スタート地点)

2.突如として態度が変貌する、嫌がらせの開始

3.2についての謝罪を始める(ボダ自身は本気)


1のスタート地点から入り、一度ターゲットにされてしまうと延々と2と3を繰り返すはめになります。

なお、2とは具体的には

・根拠もなく突然攻撃的になる

・付きまといなどのストーカー行動

・「私から逃げるつもりなの?」といった束縛や脅し行為

・ターゲットにされた人の人間関係の破壊

・根拠のない噂や悪口を広める

・刃物などをちらつかせる

などが該当します。特殊な場合にはリスカや自殺を勧めるように誘導させる発言なども該当するでしょう。

とにかくターゲットを精神的に追い詰め、壊します。


これだけを聞くと、こんな通常ではあり得ないことをする人物なんてどんな人物なのか想像しにくいでしょう。

実は普段は一見して真面目で勤勉家、努力家で人付き合いもそこそこあったりします。

それ故に取り巻きというものが存在しますが、彼らも同じになってターゲットに対して探りを入れたりいい影響をもたらす人物ではないです。


ループにハマらないために必要なことは

・少しでもボダの疑いがある場合には深入りされないように距離を置く、親身にならない

・自分にいざというときの味方をつけておくこと

・自分の生活のペースを乱さないこと

・ボダを治そうと本気にならない

・ボダの根拠のない発言を冷静に考える、罪悪感を持たない

これを意識して徹底すればターゲットにされる隙はないでしょう