TIME

日々の中で気づいたことを綴ります

12/9 ボダの幸せを望むこと

こんばんは、寒さが日に日に増して厳しい寒さとなってきましたね。

今日は最近自分が見つけた考え方についてを書き記します。

これは自分自身が境界性人格障害と思われる相手に対してずっと悩んできたことで、ようやく原因がわかってきたので記すことにしました。

※今回の記事も境界性人格障害の方の閲覧は避けていただいた方が無難かもしれません

 

以前から私は、ボダから嫌がらせをされたりする度にもう限界だと感じ、距離を置いてきました。しかし、それをすることによって追い詰める姿勢を示してくるのが以前も説明したボダです。自分の身を守るためとはいえ「私を裏切るつもりなの?」や「私を見捨てるの?」といった内容のツイートをされたりメールで来ることが度々ありました。また、「逃げるの?」という問い詰めを頻繁に受けたことがあります。

そしてそのような事態となると付き合っていられないと思うのです。

ですが、この問い詰めや追い詰めを何度も受けているうちに逃げることは悪いことだ、見捨てることだということが定着してしまいました。

カウンセラーから「自分の身を守るために逃げることでも必要な時がある」ということを聞き、「逃げることは悪いことじゃない」と認識できるようになりつつあります。

 

それに未だに本心どこかでボダに対して幸せになって欲しいという気持ちが捨てきれないことも次第にわかってきました。

普通なら憎い相手に対して幸せになって欲しいとは思わないものの、あまりにも追い詰められると見捨ててしまう気がして、どこかでそう思うようになぜかなりました。

そして捨てようとしても捨てられないことにずっとしばらく悩んでいました。

しかし、よく考え直したら「今まで○○をしてあげたりもしたし、結果幸せそうに今過ごしているみたいだからいいんじゃないか」という考えにたどり着きました。

これ以上何もしてあげられることがない気がして、それに自分がボダに関わることがボダを幸せにすることと違うことに気がつきました。

ボダは自分がいなくても変わらずに過ごしてゆくのです。今後誰かがボダを幸せに出来るのかどうかは別として、タゲにされるだけならば必要がない、寧ろあまり相手のためにも関わってはよくないと思うようになってきました。

 

まとめ

  • 逃げることでも必要なときはある
  • 逃げることは悪いことではない
  • ボダはタゲが幸せにしようとしなくても過ごしていける
  • ボダにとってのタゲもあまりいいものではないかもしれないし関わってはよくない気がする

 

12/6 ボダも所詮は人間だ(被害への考えの肥大化)

こんばんは、先程の更新に続きの更新です。

テーマが変わるのでまた別記事にすることにしました。

※今まで同様、境界性人格障害を患っている方には閲覧は避けていただいた方が無難でしょう。また、治療に関してのものではありません。

 

今日こちらの記事を読みました。

被害者がしてしまう、解決できない相談の理由 - ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

毎度こちらの記事を購読させていただいています。

今もなおボダが身近に存在している以上、じっと時間が過ぎるのを待つことしかできません。

ボダの顔も見たくないくらいに嫌いなので逃げたいですが逃げられないので時間が過ぎるのを待っています。

卒業してしまえば一生ボダに会うことはほぼないでしょうし・・・それを自分に言い聞かせてます。そのくらい憎い相手ですwそれでもって学校へ行くとなんとまぁ嬉しそうにはしゃいでいるのでちょっと呆れていたり、未だに変な動きをして執着しているようですがもう何だかすごくちっぽけでどうでもいいことにしか思えなくなってきました。

 

さて、先程のリンクの記事を読んだ感想で

「タゲの受けた被害は他者から見れば簡単なこと」と個人的に思いました。

他者から見れば簡単でも、タゲ自身では恐れなどで被害に対する考え方が肥大化して必要以上に悩み込むのがボダの質の悪いところですね。

でも逆に他者から見れば簡単なこと、だと意識すれば考え方が肥大化していることを振り返ることができました。

時に、他者に対して「こんな苦しみわかるわけがない」「ボダなんか身近にいないからわからないだろ」と思ってしまうことがあっても、それで被害者なの!!かわいそうなの!!と大騒ぎすることはボダと同然です。

被害者面をするボダと実際に被害に遭った人は違うとはいえ、被害に関して必要以上に喚いていてはボダとほぼ同じになります。

結果他者に迷惑をかけることが増えます。

「タゲのボダ化」という言葉はここでも言えるでしょう。

同じようになっていてはボダに負けたことになります。

 

1日も早くボダからの被害に悩まされている方々が復帰することを願います。

 

まとめ

  • ボダへの恐れに負けない
  • ボダからの被害は他者から見れば自分が思っているより大したものではない
  • ボダと同じように被害を必要以上に喚かない

 

12/6 境界性人格障害の人を意識しない方法、克服する考え方

こんばんは、前回の更新からまたも少し間が空きました。

今回も境界性人格障害に関するコラムです。最近生活している中で気づいたことを書き残そうと思います。

※今回も今まで同様に境界性人格障害を患っている方の閲覧は避けていただいた方が無難でしょう。また、治療に関したものではありません。

 

では本題に入ります。今回は「境界性人格障害の人を意識しない方法、克服する考え方」について書きます。

私自身カウンセラーに言われた言葉で「相手(ボダ)はとても執着している」という言葉があります。そこで執着についてを考えました。

まず、ボダが執着してくることは避けようができないことがらです。かつてボダに対して執着(するようなこと)をやめて欲しいと伝えても効果はまったくありませんでした。それどころか更にひどくなりました。この執着は避けることはできません。これがボダです。

 

そんなボダに執着され続けると「次は何をしてくるんだろうか」と怯え、「ひどい目に遭わないために相手の動きを監視しなければ」などと考え始めてしまう場合があります。さて、そこで見返しましょう。

「相手の動きを監視」したりすることはタゲにされている人自身がボダに執着する行為にあたります。「タゲのボダ化」という言葉がありますが、このような行為はボダ同然と考えましょう。

監視したりすることは一つのストーカー行為でもありボダがタゲを探るのと同じことをしているようなものです。

 

私自身も最近ボダへの執着をやめたら以前よりずっと余裕を持って生活することができてきたようになったと思います。

今でも(実は)怯えるときは多いですが、怯えに負けることは負担を増やすことになります。それを最近は意識して生活しています。

今この記事を書く前もふとボダへの恐怖が起きましたが、落ち着いて記事を書くことによって抑える、という手段で紛らわせています。

いくら自分のことに集中する、夢中になることを見つけるといっても、ふとやることがなくて一人になったときに突然ボダへの怯えが襲ってきます。

怯えに負けてはいけません。ボダの思う壺です。

 

また、「ボダへの執着をやめる」ことは監視などをやめることだけではありません、「ボダに興味・関心を持たない」ことが大切です。

ボダが不幸になったからと言って喜んだり、一喜一憂することが、タゲにとっての負荷、疲れとなります。

なかなか難しいですが最近は考えないようにしています。

 

ボダからの被害に苦しんでる方が1日でも早く減ることを願います。 

 

まとめ 

  • ボダの執着は避けることができない
  • ボダに執着しないこと
  • ボダに一喜一憂しないこと

 

10/25 境界性人格障害の行動パターンについて

どうも、めんへらりんですー。

さて、先日は「境界性人格障害から逃げられる状況でない場合」についての自分なりの対策についてを書きました。今回は境界性人格障害の行動パターンについてまとめるとともに行動別にしてより対策を考えるキッカケとするために書きました。今回はきっと前回よりも境界性人格障害って何なの?という人やそれはどんな行動をするの?という方も対象にしています。

ただし今回も前回同様に境界性人格障害を患っている方は閲覧を控えていただく方がいいでしょう、あまりよい気分がしないと思います。


さてでは大まかにざっくりとその行動について見てみましょう。

文字を読むのが嫌いだ!!!という人はこちらの動画 http://youtu.be/YkVXqXTOwxM を見るといいかもしれません。


1.親切な行動を施す(スタート地点)

2.突如として態度が変貌する、嫌がらせの開始

3.2についての謝罪を始める(ボダ自身は本気)


1のスタート地点から入り、一度ターゲットにされてしまうと延々と2と3を繰り返すはめになります。

なお、2とは具体的には

・根拠もなく突然攻撃的になる

・付きまといなどのストーカー行動

・「私から逃げるつもりなの?」といった束縛や脅し行為

・ターゲットにされた人の人間関係の破壊

・根拠のない噂や悪口を広める

・刃物などをちらつかせる

などが該当します。特殊な場合にはリスカや自殺を勧めるように誘導させる発言なども該当するでしょう。

とにかくターゲットを精神的に追い詰め、壊します。


これだけを聞くと、こんな通常ではあり得ないことをする人物なんてどんな人物なのか想像しにくいでしょう。

実は普段は一見して真面目で勤勉家、努力家で人付き合いもそこそこあったりします。

それ故に取り巻きというものが存在しますが、彼らも同じになってターゲットに対して探りを入れたりいい影響をもたらす人物ではないです。


ループにハマらないために必要なことは

・少しでもボダの疑いがある場合には深入りされないように距離を置く、親身にならない

・自分にいざというときの味方をつけておくこと

・自分の生活のペースを乱さないこと

・ボダを治そうと本気にならない

・ボダの根拠のない発言を冷静に考える、罪悪感を持たない

これを意識して徹底すればターゲットにされる隙はないでしょう

10/24 境界性人格障害の人から逃げたいのに逃げられない

 こんばんは、めんへらりんです。今日はコラムになります。

最近私は境界性人格障害の人への対応や対処の仕方を調べています。

私には周囲に境界性人格障害と思われる行動をする人物がおり、何年かに渡り悩まされてきました。私自身もそれによりどう対処していいのかなかなか見いだせずに苦しかったです。

 そんな中で有効だと思える方法を自分なりにようやく見つけつつあります。

そこでそれを自分のメモとして、書き留めておこうと思います。

境界性人格障害を患っている人に対してのものではないのでそれらの方は閲覧をしないことをお勧めします。

また、境界性人格障害がどういったものなのかなどについては下記のブログなどをお読みください。

 

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

ボダからの逃げ方。|境界性人格障害者(ボダ)に惚れられて

境界性人格障害だった私が語る - Yahoo!知恵袋

今回それにあたりこちらのブログやまとめを参考にさせていただきました。

 

まずどのみちにせよ境界性人格障害(=ボダ)からは逃げることが一番よい選択だということが示されています。少しでも怪しいと感じた相手には近づかずに逃げましょう。一度ターゲットにされてしまうと大変です。

ただ、ターゲットにされてしまった場合はどうすればいいか、できる限り少しずつ離れていくことや、また精神的、物理的に距離を置くのがいいとされています。

しかしボダはそれでも嫌がらせなどを行います。

ボダの被害に遭ってしまい、自分自身が精神が苦しくなってくると、逃げられるものも逃げられなくなる、それがボダの手段だと思います。ボダのことを恐れるようになります。

それに物理的に距離を置くことはなかなかできない環境や状況の場合もあります。たとえばどうしても学校や会社に行きたいなど。

 

そんな逃げられなくなってしまった場合にまず意識すべきことを自分なりに考えてみました。今現在私自身そういった状況です。今後意識していこうと思っています。

 

逃げる為に必要なこと。

それは、自分のできることをすることです。

具体的には、朝起きることや、会社や学校に行くこと。

働くこと勉強すること、友達との約束を守ること等です。

 

家族でも友人でも構いません。

ボダを知らない人間からしたら、ボダの常軌を逸した行動を理解できないかもしれません。

あまりの狂気ぶりに、騙しているのか?と疑われるかもしれません。

その為に、やばいメール等を保存することも必要です。

ボダからの逃げ方。|境界性人格障害者(ボダ)に惚れられて

より抜粋させていただきました。

 

理解者をつくること、これはかなり大きな力になります。

カウンセラーなどの専門知識を持っている人はとても頼りになります。(ただし一概には言えませんが)

また自分のできることをすることについても効果的です。

私は自分のしたいことを見つけて集中することによってボダを意識しなくさせるという方法を最近とっています。

熱中できることを見つけるという方法です。

たとえば普段よりも外見に気合を入れるだとか、周りも見えなくなるくらいのハマりこむ趣味や作業をすることです。

 

ボダ自体をを追放したり、嫌がらせを止めることはほぼ不可能に近いことに最近気づきました。それをしたいと思えば思うほど自分を呪うことになります。

意識をしないことがボダにとっての反撃になるなら、いくら孤立しようが自分自身をしっかり持つことが重要かなと思いはじめました。

10/22 メンヘラを昇華する

前回の記事に若干引き続いた内容になります。

今回は「メンヘラを昇華する」ことを考えていこうというものです。


治療し始めて以来「なんでこんなに辛くて苦しくて普通に生活できないのか」という憤りを何度も感じることが最近多くなってきました。そこで何らかの形で昇華できないものだかと少し考えていました。

最近私は心理学についてのサイトをじっくり読むことにハマっています。そうしていたらあることに気がつきました。

さまざまな側面から心理を理解することで何か自分に対しても他者に対しても活かせることがあるのではないかと。

また人の心や関わり方を知る以外に精神疾患についてなど医学的な面も知ることにより今後の自分の人生に活かしていけるのではないかと思い始めるようになりました。


今日はこんなサイトを見つけて読んでいました。

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ http://victim-of-bpd.hatenablog.jp

これは境界性人格障害(ボーダーライン)の人が近くにいる人へ向けた内容のものです。ボダ本人が読むには適していない内容のものですが、周囲にそれらの人を抱えていたり被害を受けた人へ対してのものです。

私の周囲には今現在逃げられない環境にこのような人が存在します。

ただこれも病気と同じくこれからどう自分自身にも相手にも対応していくかを知るきっかけになりました。

病気を知ることによって対処の仕方を学びたいと思いました。


逆に私はこういう目に遭わなければ今のような幸せの実感や感謝もなかったでしょうし悪いことではなかったとようやく思えるようになってきました。たまに荒れてしまうことはあっても感謝しています。

また早いうちにこのような人を見て、今後の人生に活かしていけるのではないかと思っています。これらの人に誰かが巻き込まれるのを防ぐこともいつかはできないかなと考えています。

あとそれまでの人との関わり方を見直すキッカケとなりました。

物の見方について少ないとはいえ以前より増えたのではないかと感じています。


病気はきっといつか昇華できると信じて頑張ります。